/

この記事は会員限定です

SBI、マネロン対策でNECと新会社 システムを開発

[有料会員限定]

SBIホールディングスNECと共同でマネーロンダリング(資金洗浄)や不正取引を防止するシステムの開発会社を立ち上げた。ブロックチェーン(分散型台帳)技術などを使い、データ改ざんやなりすましをしにくくするのが特徴。金融機関のほか一般事業会社にも販売する。デジタル化に伴いリスク対策の需要が高まると判断した。

SBI子会社のSBIセキュリティ・ソリューションズ(東京・港)が66%、NECが34%を出資し、SBIデジトラスト(東京...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り437文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン