外為法改正案の波紋、通常取引への影響懸念
編集委員 藤田和明

藤田 和明
2019/10/15 16:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府による外為法の改正案が資本市場で波紋を広げている。安全保障上重要な日本企業への外国資本の出資や買収について規制を強化する狙いだが、通常の取引にまで影響が出る懸念があるからだ。日本への健全な投資意欲をそぐことにならない工夫が求められる。

「取り除きたい部分の周辺まで広く取り除く手術のようになるおそれがある」。政策の意図とは異なる影響の大きさを危惧する声が市場参加者から消えない。

外国投資家によ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]