巧緻極まる伝奇歴史小説の傑作 縄田一男氏が選ぶ3冊
幽玄の絵師 三好昌子著

読書
2019/10/17 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

そろそろ今年のベスト10を選ぶ頃になってきたが、媒体によっては早めに選択しなければならないので、本書などは下手をすると来年のベスト10になりかねない。だからといってまごまごしてはいられない。何しろ本書は10年に一度ともいうべき伝奇小説の傑作だからだ。

時代は応仁の乱前夜、土佐流の絵師・光信が足利義政より、判じ物の如き絵を描くことを命ぜられるや、出るわ出るわ、怪異七段返し。「百鬼遊行絵巻」の作者と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]