埼玉工大ロボティクス専攻、先端技術の担い手育成

大学
2019/10/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

埼玉県深谷市にキャンパスを置く埼玉工業大学が、人口減少時代を見据えた次世代産業システムの研究に力を入れている。あらゆるモノがネットにつながるIoTや人工知能(AI)の普及でものづくりが急速に変わる時代に、高いロボット技術を持つ人材を育て、日本の産業競争力の底上げにつなげる狙いだ。

レゴブロックやドローン、セグウェイ――。工学部機械工学科の河田直樹准教授の研究室は、一見して何の研究に使うか分かりに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]