/

この記事は会員限定です

市場構造の再編議論 根強い「降格」への不満

金融取材メモ

[有料会員限定]

野村証券の情報漏洩や「老後2000万円問題」などで遅れていた上場市場の再編を巡る議論が10月から金融庁の金融審議会で再開した。年内から年明けにかけて一定の結論を得て、東京証券取引所での具体的な基準の策定に移るのがメインシナリオ。ただ、上場企業からは最上位市場からの「降格」を不安視する声が相次いでおり、改革への逆風はなお強いままだ。

「突然はしごを外された感がある」。東証1部上場のハードオフコーポレーションの山本善政会長は2日の金融審...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り808文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン