/

この記事は会員限定です

米中、「部分合意」で温度差 交渉不調なら関税上げも

(更新) [有料会員限定]

【ワシントン=河浪武史、北京=原田逸策】米中両国が10~11日の閣僚級協議でかわした貿易交渉の「部分合意」を巡り、早くも温度差を露呈している。トランプ米大統領は「中国とのディールは歴史上で最高だ」と主張するが、中国側は「実質的な進展があった」とするだけで、合意内容を報じていない。米国側は12月の関税引き上げも再びちらつかせるなど、首脳会談に向けた神経戦が始まっている。

トランプ氏は11日、中国との...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り811文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン