/

この記事は会員限定です

貧困の解消「実験」で迫る ノーベル経済学賞、途上国支援に応用

[有料会員限定]

2019年のノーベル経済学賞の受賞が決まった米マサチューセッツ工科大(MIT)のエステール・デュフロ教授ら3氏は、発展途上国の貧困を解消するうえで効果的な政策を実験で確かめる手法を徹底した。1990年代から2000年代にかけて世界中に広がり、国際協力機構(JICA)なども途上国支援の現場で成果を生かしている。

「開発経済学を根本的に刷新した」。14日、スウェーデン王立科学アカデミーはデュフロ氏の夫...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り950文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン