7県で公立235校が休校 台風影響、文科省まとめ

2019/10/15 10:15
保存
共有
印刷
その他

文部科学省のまとめによると、台風19号の影響で、福島や長野など計7県の公立の小中学校、高校など計235校が15日の休校を決めた。

各県の状況は岩手11校、宮城29校、福島106校、茨城22校、栃木20校、神奈川12校、長野35校。

学校種別では小学校117校、中学校54校、義務教育学校1校、高校53校、特別支援学校10校となっている。

このほか福島、茨城、栃木、神奈川、長野の5県では公立の80校が短縮授業となる。

文科省は被災した児童、生徒を別の学校で受け入れるなどの支援を求める通知を14日付で各都道府県教育委員会に出した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]