/

ボリソフ彗星の尾を撮影 太陽系外から飛来

太陽系外から来たボリソフ彗星(すいせい)の短い尾を撮影したと、ポーランドなどの研究チームが15日、英天文学誌ネイチャーアストロノミーに発表した。太陽系外からの天体は2017年に米ハワイの天文台が見つけた「オウムアムア」に続き2例目で、尾を持つ彗星と確認されるのは初。

米ハワイ島の望遠鏡で9月10日に撮影されたボリソフ彗星(ジェミニ天文台提供)=共同

9月中旬にハワイとスペインの天文台で観測した。彗星の本体は直径2キロほどで、太陽系内の彗星でもよくある大きさ。国際天文学連合は9月下旬、軌道の分析から太陽系外が起源だとした。

地球には12月、太陽と地球の距離の約2倍まで近づき、その後は太陽系外へ飛び去る見込み。各地の天文台が集中的に観測する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン