/

リーチ主将「代表になりたい子が増えると強くなる」

ラグビー日本代表一夜明け会見

ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会でスコットランドを破り、史上初の1次リーグ突破を決めた日本代表は14日、試合から一夜明けて横浜市内で記者会見に臨んだ。主将のリーチ・マイケル(東芝)は「決勝トーナメントは僕たちが行ったことがないところ。ここで勝って、さらに日本の歴史をつくりたい」と準々決勝の南アフリカ戦に向け、静かに闘志を燃やした。

スコットランド戦から一夜明け、記者会見するリーチ・マイケル主将(左)と藤井雄一郎強化委員長(14日、横浜市)=共同

いつも言葉を選びながら慎重に答える主将が、ひときわ時間をかけたのが、今回の勝利の意義を問われた時だ。リーチは「子どもたちが試合を見て、日本代表になりたいという選手が増えると思う。増えることで(代表入りの)争いが激しくなって、自然と代表がもっともっと強くなる」。未来に思いをはせるように、視線をじっと上に向けて答えた。

南アフリカには9月6日、W杯の前哨戦で7-41と完敗を喫した。「あとで見るとスペースがたくさんあり、チャンスをつくったが大事なところでミスをした。(W杯で)4試合してプレッシャーにも慣れ、注意力もあがったので、次はもっといい勝負になる」と断言。勝負のカギは「フィジカルやフィットネスよりもゲームの運び方」と話した。

もちろん8強入りで満足はしていない。「ここがゴールじゃなくて、次勝つのがゴール。次勝って、その次も勝って全試合勝つのが大事」とリーチは力を込めた。

日本ラグビー協会の藤井雄一郎強化委員長は「いままではベスト8に行くプレッシャーがあったと思うが、次は失うものは全くない。ここからは心底W杯を楽しんでほしい」と選手たちにエールを送った。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン