スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

萱「全て出せた」、日本の危機救う銅 世界体操

Tokyo2020
2019/10/14 16:14
保存
共有
印刷
その他

「完璧だった。もう言うことない。練習してきたことの全てを出せた」。自画自賛の嵐で振り返った平行棒は、まさに今大会の萱の集大成といえる出来だった。

男子種目別平行棒で銅メダルを獲得した萱和磨(シュツットガルト)=多重露光・共同

男子種目別平行棒で銅メダルを獲得した萱和磨(シュツットガルト)=多重露光・共同

一つ一つの倒立を確実に、きっちり止めて次の技へと進んでいく。折り目正しい演技を着地まで徹底できたから、同スコアで並んだ中国のエース・肖若騰を出来栄え点で上回ることができた。

ここで表彰台を逃せば、日本が参加した大会では23年ぶりに個人種目のメダルなしに終わるという瀬戸際だった。「絶対に途切れさせるわけにはいかないと思っていた。もう疲労とか言っていられない」。強い使命感を胸に臨んだ今大会20度目の演技まで、ついにノーミスで戦いきった。

もう一つ、心を奮い立たせたのが反骨心だ。内村航平(リンガーハット)も白井健三(日体大大学院)もいない経験不足のチームで大丈夫か――。そんな口さがない声が耳に届いていたという。「俺だってできる、と5人全員が思ってやった大会。日本がまた強くなれたと思う」

そんな22歳に、水鳥寿思強化本部長は「彼に救われた大会。実力通りというか、それ以上の力を最後まで発揮してくれた」と最大限の賛辞を贈る。逆境で力を発揮し、チームのために戦える男は誰か。それを明確に示すメダルだろう。(本池英人)

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
米国戦の八回、好機で空振り三振に倒れた坂本勇=共同共同

 2点を追う七回の日本。1死一塁から丸が放った大飛球に大歓声が湧いた。が、同点弾かと思われた打球は僅かに及ばずフェンス直撃。その後の二、三塁で山田哲は左飛、近藤は遊直に倒れた。
 八回も1点差に迫り、な …続き (11/13)

足立は最終選考会で悲願の五輪出場を決めた=共同共同

 東京五輪のカヌー・スラロームの男女日本代表4人が10月20日、本番会場のカヌー・スラロームセンター(東京・江戸川)で行われた最終選考会を経て決まった。順当に内定した羽根田卓也(ミキハウス)らに加え、 …続き (11/12)

中国戦の2試合目に敗れしゃがみ込む張本

 中国の若きエース樊振東に、勝負どころで強さを見せつけられた。第2試合の第1ゲーム。張本は7―8から、台上でわずかに浮かせたボールを強打されるなど3連続でポイントを失った。

 3ゲーム先取の団体戦で特に …続き (11/9)

ハイライト・スポーツ

[PR]