/

濁流で住宅流失、道路は泥の海 長野・千曲川氾濫ルポ

(更新)
建物が根こそぎ流されてしまった民家(14日、長野市)

台風19号による大雨で千曲川の堤防が13日早朝に決壊し、大規模な浸水が発生した長野市穂保(ほやす)地区は丸1日が過ぎた14日午前、水は引いたものの、道路には泥が積もり、田んぼのような状態になっている。川の決壊場所の近くでは民家が流失したほか、柱がむき出しになるなど壊滅状態となっている。

濁流の猛威で多くの電柱がへし折れ、電線にぶら下がり無残な姿をさらしている。道路の泥は深いところでは20~30センチに達し、長靴を履いていても歩くのも難しい。水が引いたところでは住民らが自宅の片付けを始めているが、泥にまみれ変わり果てた自宅を前にぼうぜんとする人もいた。

「こんなことになってしまうとは……」。自営業の土屋喜信さん(69)は14日午前7時半ごろに自宅に戻り、がくぜんとした。緑の芝生が自慢だった庭は全て茶色の泥に覆われ、1階が浸水。親族も駆けつけて建物や庭から泥をかき出していたが「一体いつになったら掃除が終わるのか想像がつかない。洪水はこりごり」と途方に暮れていた。

濁流に流されたとみられる車が民家に突っ込んでいた(14日、長野市)

ポンプによる排水作業などもあり、14日午前には多くの場所で浸水は解消しつつあり、泥が少ない道路は車もある程度行き来できるようになっている。ただ、一部では農業用機械から漏れ出たとみられる油の臭いも鼻をつく。民家の壁をみると、濁流につかった跡がくっきりと残り、高いところでは2メートル近くある。

千曲川の堤防が決壊した場所では重機を使った復旧作業が懸命に続いている。近くの住宅や体育館は柱や鉄骨がむき出しになり、土砂が流れ込んで埋もれている家も見られた。建物が流失して土台のみが残っている場所もあり、濁流のすさまじさを物語っている。決壊した堤防の近くに住む60代男性は「まるで津波のよう。これはだめだな」と力無くつぶやいた。

長野市の穂保地区の住民によると、同地区よりも千曲川の上流側にある赤沼地区では冠水が続いており、自宅に取り残されている人もいるとの情報があるという。上空には救助にあたっているとみられるヘリコプターが低空で大きなプロペラ音を響かせながら飛び交っていた。(村越康二)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン