/

北陸新幹線、補修に長期か 全編成の3分の1浸水被害

台風19号による大雨で水に漬かった新幹線の車両(13日午後5時13分、長野市赤沼)=小型無人機から・共同

台風19号の記録的大雨の影響で、長野市にあるJR東日本の「長野新幹線車両センター」が浸水し、北陸新幹線の車両30編成のうち3分の1に当たる10編成120両が水に漬かった。千曲川の堤防が決壊し周辺一帯が浸水で大きな被害を受けており、車両の詳しい状況を確認できるめどが立っていない。

国土地理院によると、センター付近の浸水被害は、最大で深さ約4.3メートルに達していたとみられる。

関係者によると、車両がすぐに使用できる状態でないのは確実。被害程度によっては補修に相当時間がかかる。JR東は13日夜、北陸新幹線の東京―長野間で折り返し運転を開始。14日以降も当面、本数を減らしてこの区間で運転する。

JR東によると、センターはJR長野駅の北東約10キロ、新幹線沿いにある。営業運転を終えた車両を収容する施設で、検査の機能も持つ。

水に漬かった10編成はJR東が保有するE7系8編成とJR西が保有するW7系2編成。場所は屋外が7編成、屋内が3編成だった。

新幹線車両の床下にはブレーキや空調を制御する装置、変圧器など走行に欠かせない重要な機器が搭載されている。

車両は床下からかなりの高さまで浸水している。補修では床下にある電気系統の機器の基板交換か、機器自体の交換が必要になるとみられる。

浸水のためセンターで作業するのは難しく、別の車両基地までけん引して移動した後の作業になる可能性もある。さらに客室内に水が入り込んでいれば、座席の清掃や交換も必要だ。

北陸新幹線の車両はJR東日本と西日本が共同開発し、現在E7系19、W7系11の計30編成で運用している。JR西の2015年3月期の有価証券報告書によると、120両の製造費用は約328億円としている。急勾配の区間を安定して走行できるブレーキや、沿線に豪雪地帯が多いため、床下に雪から守るカバーも備える。

JR東によると、センターの社員は近くの避難所に向かうなどして、けが人の情報はない。JR西によると、13日、北陸新幹線のうち金沢―富山の「つるぎ」は通常運転した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン