/

この記事は会員限定です

大規模水害 「命を守れ」は伝わったのか

編集委員 久保田啓介

[有料会員限定]

台風19号の記録的な豪雨により、河川の堤防決壊や氾濫が相次いでいる。濁流にのまれた住宅に取り残され、ヘリコプターで救助された被災者も少なくない。気象庁は「命を守る行動を」と早めの避難を呼び掛けたが、情報の伝達や周知は適切だったのか。地球温暖化が原因とみられる集中豪雨が頻発し、首都圏で数百万人が避難を迫られる大規模水害も決して絵空事ではなくなってきた。住民が早めの避難を決断できるかが、減災のカギを握...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1541文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン