/

女子マラソン、16年ぶり世界新 ケニアのコスゲイ

【シカゴ=共同】シカゴ・マラソンは13日、シカゴで行われ、女子のブリジット・コスゲイ(ケニア)が2時間14分4秒の世界新記録で優勝した。従来の記録は2003年にポーラ・ラドクリフ(英国)がつくった2時間15分25秒で、16年ぶりに更新した。

25歳のコスゲイは昨年大会を2時間18分35秒、今年4月のロンドン・マラソンを2時間18分20秒の自己ベストで制していた。

男子はローレンス・チェロノ(ケニア)が2時間5分45秒で制した。前回大会覇者のモハメド・ファラー(英国)は2時間9分58秒で8位だった。日本勢は大石港与(トヨタ自動車)が13位となったのが最高。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン