ニュース

フォローする

ジャパン8強、異例の強化で壁破る ラグビーW杯

ラグビーW杯
2019/10/14 0:17
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ラグビー日本代表が初のW杯8強入りを果たした。体格、実績で劣る日本が伝統国の"サロン"に割って入るには、普通の道では無理だった。異例の強化策と、それを結果に結びつける繊細なレシピが必要だった。

番狂わせが少ないラグビーのW杯では、伝統国が8強をほぼ独占してきた。日本はその一角を崩した。開催国とはいえ、1次リーグの組分けで有利になる制度はない。実力でつかんだ成功だ。

2011年大会までは24戦して…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ラグビーのコラム

電子版トップスポーツトップ

ニュース 一覧

フォローする

 ラグビーの国際統括団体ワールドラグビー(WR)は14日、ワールドカップ(W杯)日本大会での言動で7万ポンド(約980万円)の罰金を科したスコットランド協会が処分を受け入れ、反省を表明したと発表した。 …続き (11/14)

 ラグビーのトップリーグ、サントリーは14日、2015年ワールドカップ(W杯)で活躍した日本代表37キャップのロック真壁伸弥(32)が現役を引退すると発表した。19年W杯代表には選ばれなかったが「開幕 …続き (11/14)

南アフリカ戦の前半、倒れながら姫野(左)にパスを出すリーチ。パスの回数と正確性で日本は全チーム中、トップだった

 多彩な攻撃パターンからトライを奪える。多くのパスを正確に届けられる――。今回のワールドカップ(W杯)で初の8強に進んだラグビー日本代表の特長は、数字にも表れていた。
 データ会社STATS社と国際統括 …続き (11/15)

ハイライト・スポーツ

[PR]