/

この記事は会員限定です

満身創痍の奮闘実る ラグビーW杯、堀江選手

[有料会員限定]

満身創痍(そうい)の体で、最前線を統率し続けた。ラグビーワールドカップ(W杯)日本代表のフッカー、堀江翔太選手(33)。座右の銘は「勇気なくして栄光なし」。家族の支えでケガを克服し、集大成となる今大会で持てる力を存分に発揮して初の8強入りに貢献した。

サッカーなどに打ち込み高校からラグビー一筋に。大阪府立島本高校では全国大会出場は達成できず、ボールボーイとして3年間、その舞台の花園ラグビー場(同府...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り647文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン