満身創痍の奮闘実る ラグビーW杯、堀江選手

ラグビーW杯
2019/10/13 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

満身創痍(そうい)の体で、最前線を統率し続けた。ラグビーワールドカップ(W杯)日本代表のフッカー、堀江翔太選手(33)。座右の銘は「勇気なくして栄光なし」。家族の支えでケガを克服し、集大成となる今大会で持てる力を存分に発揮して初の8強入りに貢献した。

サッカーなどに打ち込み高校からラグビー一筋に。大阪府立島本高校では全国大会出場は達成できず、ボールボーイとして3年間、その舞台の花園ラグビー場(同府…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]