北陸新幹線の車両基地浸水、企業の影響長期化も
首都圏の鉄道は運行再開

2019/10/13 22:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

台風19号の影響は企業にも広がっている。千曲川の氾濫ではJR東日本の長野駅(長野市)近くの北陸新幹線の車両基地が浸水し、同新幹線で使う車両全体の3分の1にあたる120車両が水につかった。部品の入れ替えなどで影響が長引く可能性がある。北陸新幹線全線の運転再開の見通しは立っておらず、再開後も間引き運転などで運行間隔が通常よりも長くなりそうだ。

水没した車両の詳しい被害状況はまだ分かっておらず、廃車の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]