プロ野球

ソフトバンク、西武を圧倒 今宮3発MVP

2019/10/13 23:51
保存
共有
印刷
その他

2併殺、13残塁の非効率な攻めでも結果は大勝。ソフトバンクの強さは際立っていた。

先行しては追い上げられ、5-3で迎えた七回。代打長谷川勇と今宮の適時打でリードを4点に広げた。その裏、1番秋山から始まる西武打線を甲斐野が3人で片付け、大勢が決した。八回はモイネロ、九回は森が日めくりカレンダーをめくるように「0」を刻んだ。

六回ソフトバンク1死二塁、今宮が左越えに2ランを放つ=共同

六回ソフトバンク1死二塁、今宮が左越えに2ランを放つ=共同

三回に先制ソロ、六回に中押し2ラン、九回にダメ押し2ランの今宮がMVPに選ばれた。貢献は遊撃の守りでも。三回1死一、三塁から持ち前の強肩で投ゴロ併殺を完成させ、同点を阻んだ。「シーズン2位の悔しさをぶつけた。(CS序盤の打撃状態は)最悪だったが、日に日に良くなっていまはベスト」

チーム全体が短期間で見違えた。レギュラーシーズン終盤から投打に精彩を欠き、CSファーストステージでも初戦を落とした。だが瀬戸際の2試合で生き残ると、ファイナルステージでは日ごとに強さを増した。

主軸から代打までが満遍なく打ち、先日までのタイムリー欠乏症がウソのような4試合での計32得点に「1球の見逃し、ひとつの四球でもガラッと変わるのが打撃だから」と立花打撃コーチ。実績豊富な石川、岩崎らが復帰した潤沢なブルペンは矢継ぎ早の継投を可能にし、西武打線の覚醒を許さなかった。

開幕以来、相次ぐ主力の離脱や不調に悩まされてきた工藤監督は「いまはベストに近い状態」と喜ぶ。遅ればせながら完成した2019年版ホークス。ペナントレースには間に合わなかったが、日本シリーズには間に合った。(吉野浩一郎)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 楽天の浅村栄斗内野手が22日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、年俸5億円でサインした。4年総額20億円程度の契約を結んでおり来季が2年目となる。国際大会「第2回プレミア12」では日本代表の …続き (19:02)

楽天の新入団記者会見でポーズをとる(前列左から)福森耀真投手、津留崎大成投手、小深田大翔内野手、黒川史陽内野手、武藤敦貴外野手、(後列左から)沢野聖悠内野手、小峯新陸投手、水上桂捕手、滝中瞭太投手、江川侑斗捕手、山崎真彰内野手(22日、仙台市)=共同

 楽天は22日、仙台市内で育成選手を含む新入団11選手の記者会見を行い、ドラフト1位の小深田大翔内野手は開幕戦先発出場を目標に掲げ「アピールポイントは足。どんどん走って好機をつくりたい」と意気込んだ。 …続き (16:19)

ヘラルド・パーラ外野手=ゲッティ共同

 巨人は20日、新外国人選手として、今季米大リーグのワールドシリーズを制覇したナショナルズからフリーエージェント(FA)となっていたヘラルド・パーラ外野手(32)=180センチ、95キロ、左投げ左打ち …続き (20日 18:30)

ハイライト・スポーツ

[PR]