/

ラグビー日本、W杯初の8強 スコットランド破る

(更新)
初の8強進出を決め、笑顔を見せる日本代表

ラグビーの日本代表がワールドカップ(W杯)で初めて8強入りする快挙を遂げた。13日、横浜国際総合競技場でのスコットランド戦に28-21で勝利、4戦全勝で1次リーグA組1位となり、8チームによる決勝トーナメントに進んだ。1987年の第1回大会から毎回出場し、アジア初の開催国となった今回、9度目の挑戦でついに伝統国の壁を崩した。

日本は20日の準々決勝(東京スタジアム)でB組2位の南アフリカと対戦する。前半6分に先制トライを許した日本はその後に猛攻を仕掛けた。同17分にWTB福岡(パナソニック)のパスを受けたWTB松島(サントリー)がトライ、同25分にプロップ稲垣(パナソニック)、同39分に福岡(パナソニック)がトライを奪い21-7で前半を折り返した。後半2分にも相手ボールを奪った福岡がトライを決めて一時は28-7とした。以降はスコットランドの反撃を浴びたものの、耐えて逃げ切った。

スコットランドには、前回大会で唯一敗れて決勝トーナメント行きを阻まれた因縁がある。リーチ主将の「優しい気持ちは必要ない」との言葉通り、雪辱の思いも込めて、日本は大一番でエネルギーを解き放った。

序盤は相手の鬼気迫る攻撃に浮足立った。不用意な反則もあり、SOラッセルのキックから前進されて先制トライを献上。相手の得意な形で流れを逸してもおかしくなかった。だが、逆にこの失点が日本を目ざめさせたともいえる。2戦連続無失点で守備が整備されていたスコットランドの間隙を縫って追いついたのは前半17分。今大会初先発のWTB福岡が左サイドで倒れながら左手一本でWTB松島へパス。2人のスピードを生かした競演で息を吹き返した。

日本は畳みかける。同25分には堀江、ムーア、トゥポウとタックルを受けながら立ってつなぐ「オフロードパス」でボールを失わないまま、最後はプロップ稲垣が勝ち越しトライ。次々と湧いてくるようなサポートの速さと分厚さ。福岡のスピードは切れ味抜群で、後半には自らボールを奪って快足を飛ばした。

後半、トライを決める福岡

前半のボール支配率は70%。だがスコットランドも一筋縄にはいかない。後半は相手の猛攻に遭い、7点差に詰められた。

それでもしのぎにしのぐ。SH流は「(後半は)つかれて、そこをスコットランドに突かれたところがあるが、うまくしのげた」と振り返る。その流に代わって途中出場したSH田中がもたらした落ち着き、FW陣の体を張った奮闘。最後の20分は長く感じられたが、全てが歓喜の瞬間を迎えるには欠かせない要素だった。

悲願の8強入りは1次リーグ全勝という快挙で成就。アイルランド戦の金星も無駄にしなかった。「最強の敗者」と呼ばれた4年前からの進歩を示すにはこれ以上ないストーリー。日本ラグビー界の新たな扉が開かれた。

(渡辺岳史)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン