長野・上田電鉄の鉄橋崩落 千曲川、堤防ごと

2019/10/13 20:39
保存
共有
印刷
その他

13日午前8時ごろ、長野県上田市の千曲川に架かる上田電鉄別所線の鉄橋の一部が崩落しているのを、同電鉄職員が確認した。同電鉄によると、橋は上田―城下間にあり、全長約220メートルの単線。左岸の堤防が崩れたことに伴い、橋の土台ごと川に落ちた。けが人はなかった。別所線は12日午後3時ごろから運転を見合わせ、13日も復旧の見通しは立っていない。

一方、JR東日本は13日、茨城県内の水郡線袋田―常陸大子間で、久慈川に架かる鉄橋が流されたと明らかにした。いずれもけが人はいない。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]