/

この記事は会員限定です

[社説]広域豪雨を前提に防災を考えるべきだ

[有料会員限定]

台風19号がもたらした豪雨は、河川の氾濫など列島各地に爪痕を残した。2018年の西日本豪雨も広い地域で被害を起こした。広域豪雨災害が多発することを前提に防災対策を考えるべきだ。

今回の台風は巨大な雲を伴い、勢力を保ったまま接近・上陸したため、広範囲で大雨を降らせた。山間部は24時間雨量が600ミリを超える地点が相次いだ。東京都が最悪の浸水が起こると想定する最大雨量の同690ミリに近い。浸水想定区域...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り738文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン