救助ヘリから落下の女性死亡 東京消防庁、フック忘れる

2019/10/13 18:08 (2019/10/13 22:43更新)
保存
共有
印刷
その他

記者会見で救助装置について説明する東京消防庁の幹部(左)ら(13日午後、東京消防庁本部庁舎)=共同

記者会見で救助装置について説明する東京消防庁の幹部(左)ら(13日午後、東京消防庁本部庁舎)=共同

13日午前10時ごろ、福島県いわき市の平地区で、東京消防庁の大型ヘリコプター「はくちょう」の隊員が、台風19号で孤立状態だった77歳の女性を救助する際、女性の救助装置のフックをロープに付けるのを忘れたまま抱きかかえてつり上げ、上空約40メートルで誤って落下させた。再びつり上げて救助したが、女性は約6時間半後に病院で死亡した。

福島県警は業務上過失致死の疑いも視野に、隊員らから事情を聴き調べている。

東京消防庁は同日午後、庁内で記者会見を開き、清水洋文次長が「申し訳ありませんでした。活動中の手順を誤った」と謝罪した。

同庁によると、いずれも32歳の男性隊員2人が救助に当たっていた。それぞれ航空隊で1年半と2年半の救助経験があった。当時行っていたのは「ホイスト救助」と呼ばれ、袋状の救助装置(長さ約1メートル、幅約60センチ)に女性の体を包み、隊員が抱きかかえてロープでつり上げる方式だった。機内に移す際に落下させたという。隊員のフックはロープとつながれていた。

救助作業は女性宅の玄関先で行われ、当時、一帯は50センチ程度浸水していた。通常は救助する人を地面に座らせ、一緒にヘリへ上がる隊員が2人のフックを付けるが、浸水で女性を抱えていたため別の隊員が取り付け、女性のフックを忘れたという。

女性は夫と2人暮らしで、夫が救助を要請していた。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]