/

この記事は会員限定です

長野県内、工場浸水など相次ぐ 上田電鉄は鉄橋崩落

[有料会員限定]

12日に本州を襲った台風19号で千曲川の水が氾濫し、長野県内各地に被害をもたらした。堤防が決壊した長野市穂保地区では午後にも流れ込んだ水をポンプで川に戻す作業が始まる。千曲市や上田市でも氾濫した。流域には製造業の工場が多数あり、水没や浸水の被害が出ている。県などは住民の安全確保と被害の確認を急ぐ。

停電や断水広がる

県などによると、午前8時時点で県内約300カ所に避難所が開設され、1051世帯7435人が避難してい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1270文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン