小池都知事、長野など他県への支援表明 台風19号被害

2019/10/13 13:06
保存
共有
印刷
その他

小池知事は都内での対応に加え他県への支援も指示(都庁)

小池知事は都内での対応に加え他県への支援も指示(都庁)

東京都の小池百合子知事は13日、台風19号の被害対応にあたる都の災害対策本部の会議で、浸水などの被害が大きかった他県への支援を表明した。すでに国から要請を受け、東京消防庁のヘリコプターを長野県や福島県に派遣し、被災者の救助や被害の情報収集にあたらせることを決めた。

今後は復旧に向けた人員派遣などを検討する。小池氏は幹部職員に「他県での被害状況の収集を的確に行い、広域的な連携のもとで速やかに必要な支援を準備してほしい」と指示した。

台風19号による記録的な大雨により、長野市の千曲川で堤防が決壊するなど、都外で死亡者や行方不明者も含む大きな被害が出ている。

【関連記事】
台風19号、千曲川など各地で氾濫 死者8人・不明12人
安倍首相「人命第一で災害応急」 台風19号で閣僚会議
長野・千曲川、堤防決壊70メートル 新幹線車両も水没
多摩川氾濫で浸水「怖かった」 東京・二子玉川
14日の観艦式を中止 防衛相、台風被害に配慮

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]