/

多摩川が氾濫 東京・二子玉川、堤防ない場所

台風19号

(更新)
多摩川が氾濫し、道路が冠水した住宅街(12日夜、東京・世田谷)

国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所によると、東京都世田谷区の東急二子玉川駅付近で12日夜、多摩川が氾濫した。もともと堤防がない場所で、同事務所や世田谷区が土のうを積んでいたが、隙間から川の水があふれ出したという。

小池百合子都知事は同日、陸上自衛隊に対し、多摩川付近での人命救助活動などを中心とした災害派遣を要請した。

周辺は店舗やマンションなどが立ち並ぶ地域。多摩川から数百メートルのところに自宅がある自営業の男性(69)は「自宅3階からずっと多摩川の様子を見ている。午後11時ころには川沿いのゴルフ場がすっかり浸水していた。自宅が高いところにあるので避難するかどうかは迷っているが、大変なことだ」と驚いた様子で話した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン