プロ野球

タカ打線はつらつ、レオ投壊に歯止めは パCS第4戦

2019/10/12 20:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

パの王者・西武は後がない。初戦からの失点は8、8、7。強力打線も噴火せず。1日おいて流れは変わるか。

【CSファイナル第4戦に向け調整】

シーズン終盤、ソフトバンクとの競り合いを制したのは投手陣の貢献大だった。8月までの防御率4.53が9月に限ると3.30。ロースコアで競り勝つ試合も目立った。

だがCSで踏ん張れない。3試合続けて初回に失点。初戦は八回2死から逆転され、その後の2試合は序盤の大量失…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

美馬学投手=共同

 楽天から国内フリーエージェント(FA)権を行使した美馬学投手(33)がロッテに移籍することが決定的となっていることが15日、分かった。関係者によると美馬は10月に第1子が生まれ、家族の生活環境を重視 …続き (20:40)

オリックスへの入団が決まり、「一生百錬」と記した色紙を掲げる沖縄・興南高の宮城大弥投手(15日、那覇市)=共同

 オリックスからドラフト1位指名された沖縄・興南高の宮城大弥投手(18)=172センチ、80キロ、左投げ左打ち=の入団が15日、決まった。那覇市内のホテルで交渉し、契約金8千万円、年俸770万円で合意 …続き (18:58)

 DeNAは15日、筒香嘉智外野手(27)が米大リーグに移籍するためのポスティングシステムの申請手続きを日本野球機構(NPB)に行ったと発表した。NPBからMLBへの通知も完了。MLBが近日中に手続き …続き (17:19)

ハイライト・スポーツ

[PR]