AI即戦力、中小企業10万社に派遣 経産省が人材バンク
年間1500人を育成

2019/10/12 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

専用の育成プログラムを受けた修了生を3年で10万社の中小企業に派遣する

専用の育成プログラムを受けた修了生を3年で10万社の中小企業に派遣する

経済産業省は、2020年度にも人工知能(AI)技術を習得した人材を中小企業などに派遣する人材バンクをつくる。専用の育成プログラムを受けた修了生を3年で10万社の中小企業に派遣する目標だ。AI人材は企業間で獲得競争が激しくなっており、特に中小企業では確保が難しい。一定以上の能力を持つ即戦力の人材を多数育成し、中小企業が採用や業務委託をしやすくする。

【関連記事】 未経験者もIT即戦力に 研修で文系に「転身」促す

2020年度の概算要求に関連費用として15億円を新たに盛り込んだ。人材バンクへの登録には、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]