記者コラム

フォローする

スポーツ現場の「通訳力」
ノーサイド

ラグビーW杯
2019/10/12 20:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

少しは英語に心得があるつもりでいたが、その自信が揺らいでいる。ラグビー・ワールドカップ(W杯)の選手、コーチたちが話す英語があまりにも多彩で、聞き取れないことが多いのだ。

予感はあった。昨年、ニュージーランド(NZ)とオーストラリアの代表が来日した際、NZのハンセン監督のNZなまりが難物だった。豪州ラグビー協会のトップは豪州生まれのNZ人で、両国の英語が交ざったようでまたわかりにくい。

本番も覚…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ラグビーのコラム

電子版トップスポーツトップ

記者コラム 一覧

フォローする

 イングランドとの決勝を制した南アフリカは、自分たちの強みを徹底的に押し出した。スピードのあるバックスの選手にあまりボールを回さず、FWとキックで勝負する。スクラムで何度も反則を奪ったことは一つの象徴 …続き (11/3)

南アフリカ戦の終了後、記念写真に納まる日本代表


 ラグビー日本代表が、W杯の試合後に必ず行っていた儀式がある。リーチ・マイケル主将が相手のロッカールームを訪問。主将や奮闘した選手に模造刀を贈り、互いの健闘をたたえ合う。
 布製のペナントの贈呈はよくあ …続き (10/26)

 初の8強入りを果たしたラグビー日本代表はコーチ陣、選手の準備が実った。1次リーグ最終戦のスコットランド戦ではボールを保持する戦術がはまった。
 ジョセフ・ヘッドコーチは就任当初、キックを多用する戦術が …続き (10/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]