/

この記事は会員限定です

スポーツ現場の「通訳力」

ノーサイド

[有料会員限定]

少しは英語に心得があるつもりでいたが、その自信が揺らいでいる。ラグビー・ワールドカップ(W杯)の選手、コーチたちが話す英語があまりにも多彩で、聞き取れないことが多いのだ。

予感はあった。昨年、ニュージーランド(NZ)とオーストラリアの代表が来日した際、NZのハンセン監督のNZなまりが難物だった。豪州ラグビー協会のトップは豪州生まれのNZ人で、両国の英語が交ざったようでまたわかりにくい。

本番も覚悟...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り671文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン