/

この記事は会員限定です

ビジネス紛争、日本で解決しやすく 弁護士の業務拡大

政府、今国会で法改正目指す

[有料会員限定]

政府はグローバル企業間のビジネス紛争を解決する国際仲裁を日本国内で実施しやすくする。仲裁の代理人となる外国法事務弁護士の要件を緩和するほか、代理人として仲裁に参加できる紛争の範囲を広げる。2020年には都内に仲裁を扱う専用施設も設ける。日本企業を側面支援するとともに、外国企業も現地法人間の紛争を処理しやすくなるメリットがある。

企業間でトラブルが起きたとき、裁判よりも手続きが柔軟だとして選ばれやす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り947文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン