東京・中野の入所者殺害、元職員に懲役16年 地裁

2019/10/12 10:00
保存
共有
印刷
その他

東京都中野区の老人ホームで2017年、入所者の男性を浴槽で溺死させたとして殺人罪に問われた元職員、皆川久被告(27)の裁判員裁判で、東京地裁は12日までに、懲役16年(求刑懲役17年)の判決を言い渡した。判決は11日付。取り調べ段階で自白した際の音声について「内容が信用できない」とし、起訴内容の一部を認定しなかった。

弁護側は「殺意はなく、犯罪が成立するとしても業務上過失致死罪にとどまる」と主張したが、判決理由で佐々木一夫裁判長は「被告の行動は通常の介護とは到底認めることはできず、殺害しようと考えた以外には説明できない」と指摘した。

公判では取り調べの際の音声を証拠採用。「浴槽内に抱え上げて入れた」といった供述が法廷で流されたが、判決は「内容が二転三転しているなど、信用性に乏しい」と判断した。

判決後に記者会見した裁判員は「生の声が聞けて判断材料になった」と話した。

判決によると、17年8月22日、介護付き有料老人ホーム「ニチイホーム鷺ノ宮」の浴室で、湯を張った浴槽に自力で立ち上がれない藤沢皖さん(当時83)を入れて溺死させた。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]