/

台風19号、夕にも上陸 東日本で記録的大雨・暴風の恐れ

(更新)

大型で非常に強い台風19号は12日夕から夜にかけ、勢力を保ったまま東海または関東地方に上陸する見通しだ。気象庁は記録的な大雨や暴風の恐れがあるとして、引き続き厳重な警戒を呼びかけた。大規模な鉄道の計画運休や航空便の欠航などで首都圏を中心に公共交通網は事実上ストップ、被害によっては影響が長引く可能性もある。

気象庁によると、台風19号は午前4時現在、八丈島の南西約350キロを時速20キロで北に進んでいる。中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル。中心の東側370キロ以内と西側280キロ以内は風速25メートル以上の暴風域となっている。

12日午後3時には勢力を維持して静岡・御前崎の南約110キロの海上に達し、その後、東海または関東に上陸するとみられる。

西日本から東北地方の広範囲で雷を伴う猛烈な雨などが予想され、13日午前0時までの24時間予想雨量は東海地方1000ミリ、関東甲信600ミリ、北陸400ミリなど。東海と関東では、1958年に1200人以上の死者・行方不明者を出した「狩野川台風」に匹敵する記録的大雨となる恐れがある。暴風への警戒も強まっており、12日にかけての最大風速は東海と関東甲信地方で45メートル、東北と近畿で30メートルに達するとみられる。

日本航空全日空は12日、羽田空港の発着便など国内線1100便以上を欠航。東海道新幹線も東京―名古屋間を始発から終日運休し、名古屋―新大阪間は早朝の上下6本のみ運行する。

首都圏のJR在来線や私鉄各社も順次運転を取りやめ、JR東日本は少なくとも13日昼ごろまで運転を見合わせる予定だ。小売りや飲食などの店舗でも12日は臨時休業が相次ぐ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン