ペプチドで創薬、副作用抑え価格も安く 抗体薬代替へ

コラム(テクノロジー)
2019/10/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

革新的な医薬品を生みだそうと、たんぱく質の断片である分子、ペプチドへの関心が高まっている。高い効果が見込め成長著しい抗体医薬と、安価に作れ伝統的な低分子医薬品のいいとこ取りができると考えられ、がんや感染症などの治療薬を目指して産学連携が活発だ。患者の救済や医薬品産業の活性化につながると期待が膨らんでいる。

愛知県春日井市にある中部大学の一室で、研究員が白い液体が入った容器を機械に載せて振動させ、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]