/

この記事は会員限定です

iPS細胞で創薬、指針づくりへ 効率高め参入促す

[有料会員限定]

様々な細胞に育つiPS細胞を使う創薬で、手順や評価方法などの国際的な指針を作る動きが出てきた。2020年中の策定を目標に日米欧などの政府が協議を始めた。国内でも産官学が標準となる細胞の作製と貯蔵を目指す。開発に巨費と長い年月がかかる新薬開発の効率を高める願いが込められている。

米ワシントンの米食品医薬品局(FDA)にこの3月、日米欧などから約70人の研究者や政策担当者が集まった。国立医薬品食品衛生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1089文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン