小売りの変革、昭和の成功体験が阻む
編集委員 田中陽

2019/10/11 21:54
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「今のイオンは大きな変化に対して変われているかというと、それはかなり遅れている」。9日のイオンの決算発表で岡田元也社長は創業50周年の感想を聞かれ、こう答えた。この発言は総合スーパー(GMS)に対してだけではなく、百貨店など従来型の小売業への批判と猛省にほかならない。

昭和の高度経済成長期に、GMSや百貨店は団塊の世代の受け皿として大量出店、大量消費で利益を生み出し、成長した。大衆消費社会を実現…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]