/

アマゾンジャパンに行政指導、個人情報の表示問題で

ネット通販大手のアマゾンジャパン(東京・目黒)に対し、個人情報保護委員会は11日、行政指導したと発表した。一部の利用者の画面に他の利用者の個人情報が表示された問題に関して再発防止を求めた。約11万のアカウントの利用者の氏名や住所、注文履歴などが、他の利用者に表示された可能性がある。

9月26日に発覚し、同日中に解消された。アマゾンは10月4日に影響を受けた利用者に対して個別に連絡した。同社の広報は「本事象を重く受け止めている。セキュリティーとプライバシーを非常に重要と考えており、さらなるシステムの向上に努める」とコメントした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン