強い台風、過去に甚大な被害数々 19号にも厳重警戒

2019/10/12 9:23
保存
共有
印刷
その他

狩野川台風の影響で浸水した町中をいかだで渡る人たち(1958年9月27日、東京・葛飾)=共同

狩野川台風の影響で浸水した町中をいかだで渡る人たち(1958年9月27日、東京・葛飾)=共同

日本列島に接近中の非常に強い台風19号の予想される雨量や勢力は、静岡県の伊豆半島に甚大な被害を出した1958年の「狩野川台風」に匹敵する。他にも勢力の強い台風は各地に甚大な被害をもたらしており、気象庁は暴風や大雨、高潮に厳重な警戒を呼びかけている。

狩野川台風は58年9月に東日本に上陸し、大雨で伊豆半島を流れる狩野川が氾濫した。河川の氾濫や土砂崩れによって1200人以上が死亡・行方不明となり、4千棟を超える住宅が全半壊した。

気象庁によると、当時、東京都心で観測された1日の降水量(371.9ミリ)は、今も観測史上最多の記録となっている。同庁が初めて公式名称を付けた台風としても知られる。

気象庁によると、今回の台風19号は非常に強い勢力を保ったまま北上しており、12日夕から夜にかけて東海や関東地方に上陸し、北東に進む見込み。同庁は台風の大きさや勢力のほか、進路やスピードが狩野川台風と似ていると分析している。

台風による甚大な被害は過去たびたび起きた。59年の伊勢湾台風は高潮被害を中心に5千人以上、34年の室戸台風では高潮や建物の倒壊などで3千人以上の死者・行方不明者が出た。

気象庁によると、現在の台風19号のように、最大風速44メートル以上54メートル未満の「非常に強い」勢力で北海道、本州、四国、九州に上陸した台風は統計がある91年以降で3回。東日本に上陸すれば初めてのケースとなる。

過去3回の上陸時の被害も大きく、91年9月に長崎県へ上陸した台風19号は、62人の死者・行方不明者を出し、1500人が負傷したほか、17万棟が全壊や一部損壊した。青森県などでは強風によって収穫前のリンゴが大量に落ちるなど農作物にも深刻な被害をもたらし、「リンゴ台風」と呼ばれた。

2018年9月の台風21号も非常に強い勢力を保ったまま四国に上陸した。その後近畿地方を縦断して14人が死亡し、強風で押し流されたタンカーが関西国際空港の連絡橋に衝突し、連絡橋が破損した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]