吉野彰氏ノーベル賞 旭化成、多角化経営の果実

ノーベル賞
日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/10/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

旭化成の吉野彰名誉フェローが2019年のノーベル化学賞を受賞した。材料研究を通じてリチウムイオン電池を実用化した成果だが、その開発を支えたのが旭化成だ。吉野氏らが高めた繊維や樹脂の素材技術をテコに住宅から日用品まで事業領域を広げ「ダボハゼ経営」とも称される多角化を進めてきた。技術とM&A(合併・買収)の両輪が成長の源泉だ。

■実用化につながった素材探求

「私が電池メーカーの研究者だったらリチウムイ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]