ポラス系の中央ビル管理 ポイント制度導入

2019/10/11 19:28
保存
共有
印刷
その他

住宅事業を手掛けるポラスグループで、居住用の賃貸物件を仲介、管理する中央ビル管理(埼玉県越谷市)は、住宅の住み替え時に割引を受けられるポイント制度を始めた。期日までに家賃や更新手続きの支払いをした入居者にポイントを付与し、同グループの住宅への継続入居を促す。

ポイントは賃貸住宅から他の賃貸住宅に住み替える際に、住み替え時の仲介手数料や、部屋のクリーニング代、鍵の交換費用などに充当できる。そのほか住宅を購入する際の売買仲介手数料やインテリアの商品券としても活用できる。退去時に中央ビル管理が運営する営業所「ルームスポット」を通して、次の物件の契約をすることが利用条件となる。

毎月の家賃と共益費の支払額の0.1%相当分がポイントとしてたまる。例えば家賃が6万円の場合、60ポイントが毎月もらえる。契約更新時などの手続きでは50ポイントが付与される。入居者が期日までに支払った場合にポイントが与えられ、賃貸住宅の住み替え時には1ポイントあたり10円、住宅購入時には1ポイントあたり100円として換算される仕組み。

期日までに家賃などを支払う優良な入居者に対し、継続して同グループの住宅に入居してもらうことを目的に制度を導入した。退去時に店舗に相談してもらうことで、顧客との接点を増やすことも目指す。ポイントはホームページのマイページで11月以降確認できるほか、2020年春にはスマホアプリでも見れるようにする。

中央ビル管理は埼玉県や千葉県など関東で、賃貸用アパート・マンションなど約2万2000戸を管理している。2019年3月期の売上高は39億円で、4361件の契約を手掛けた。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]