米朝協議「決裂」の舞台裏 最高指導者にも焦りの色
編集委員 峯岸博

峯岸 博
Nikkei Views
編集委員
2019/10/15 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

8時間半に及ぶ10月5日の非核化をめぐる米朝実務者協議を終え、北朝鮮側は「決裂した」と表明した。一方、ちゃぶ台返しもしなかった。「合意なし・打ち切りなし」の結論からは、舞台裏の苦しい事情が浮き彫りになる。

トランプ米大統領と金正恩(キム・ジョンウン)委員長が6月30日、板門店で実務者協議に合意した当時は「7月半ば頃」が想定されていた。2人は互いにホワイトハウスと平壌に相手を招待するほどだったが、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]