預金2億2000万円着服、池田泉州銀が行員解雇

2019/10/11 19:15
保存
共有
印刷
その他

池田泉州銀行は11日、男性行員(38)が50~80歳代の顧客10人の預金計2億2600万円を着服していたと発表した。10日付で懲戒解雇とした。大阪府警への刑事告訴も検討している。元行員は一部を返済し、実質被害額は2億800万円。同行が全額弁済する。

記者会見した池田泉州銀の鵜川淳頭取(中央、大阪市)

同行によると、元行員は阪南支店(大阪府阪南市)などで営業を担当していた。2007年5月から19年7月に投資信託の購入などの目的で預かった出金伝票を流用したり、預かったキャッシュカードや預金通帳を不正利用したりして、現金を56回にわたって着服した。

顧客から預金残高に関する問い合わせがあり発覚した。元行員は社内調査で着服を認め、外国為替証拠金(FX)取引や遊興費などにあてたと説明している。被害が最も大きかったのは80歳代の女性で、7300万円に上る。記者会見した鵜川淳頭取は「信頼を逆手にとった悪質な行為。再発防止に一丸で取り組む」と述べた。

また、男性派遣社員(60)が取引先3社から計695万円の預金を着服し、借金の返済や医療費などにあてていたことも発表した。派遣社員は難波支店(大阪市)で集金を担当しており、受け取った現金を流用し、後日入金していた。実質被害額は120万円で、同行が全額弁済した。派遣社員の契約は9日に解除した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]