飲食チェーンや出前、12日休業対応も
「ガスト」など午後2時から ウーバーは終日停止

2019/10/11 18:21
保存
共有
印刷
その他

過去最大級とされる台風19号の上陸に備え、飲食チェーンも休業などの対応をとる。すかいらーくホールディングス(HD)は「ガスト」などグループ約2千店で12日午後2時から休業する。ロイヤルHDも関東、東海地方の店舗を12日は終日休業することを決めた。宅配代行の「ウーバーイーツ」も終日サービスを停止する。

すかいらーくHDは台風の進路にある関東全域と静岡県、福島県の約2千店で12日午後2時から休業する。状況によっては休業時間を前倒しする店舗も出るという。千葉県酒々井町の製造拠点では12日の配送を前倒しし、13日の配送は中止。停電に備え発電機などを準備している。「お客様と従業員の安全を考慮し休業を決めた」(同社)という。

ロイヤルHDは12日、関東、東海地方の「ロイヤルホスト」約120店、「天丼てんや」約150店の休業を決めた。吉野家は12日朝から約440店を休業。大戸屋HDも首都圏で約90店舗を終日休業するという。

セブン&アイ・フードシステムズは関東地方を中心に、「デニーズ」370店舗を12日午前5時までに閉店。13日正午ごろの開店をめざすという。

宅配サービスでも休業が広がっている。ウーバージャパン(東京・渋谷)は12日、福岡エリアを除き「ウーバーイーツ」のサービスを終日停止。「出前館」で宅配代行サービスを手がける夢の街創造委員会は、直営の配送拠点115カ所の営業を中止する。フォーシーズ(東京・港)は「ピザーラ」の一部店舗で営業休止を検討している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]