首相、GSOMIA破棄「韓国は賢明な判断を」 衆院予算委

2019/10/11 19:30
保存
共有
印刷
その他

衆院予算委員会は11日、安倍晋三首相と全閣僚が出席する基本的質疑を10日に続いて実施した。首相は軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めた韓国について「安全保障については利害が一致している」と強調した。国民民主党の後藤祐一氏が「GSOMIAは継続した方がいい」と指摘したのに対し「韓国側に賢明な判断をしてほしい」と語った。

衆院予算委で答弁する安倍首相(11日)

衆院予算委で答弁する安倍首相(11日)

国会で旧民主党政権時代の経済指標にたびたび言及する自身の答弁について「経済政策を説明するのは比較するのがわかりやすい」と説明した。立憲民主党の辻元清美幹事長代行が「民主党政権ではリーマン・ショックや東日本大震災があった。比較するのはやめた方がいい」としたのに答えた。首相は「これからも丁寧に謙虚に答弁していきたい」とも話した。

萩生田光一文部科学相は2020年度に始まる大学入学共通テストで導入される英語民間試験に関し「一つ一つ不安を払拭してきた」と述べ、予定通り実施する考えを示した。立民の川内博史氏への答弁。

立民の本多平直氏は菅原一秀経済産業相が選挙区内の有権者にメロンなどの贈答品を配ったとの一部報道を取り上げ、事実関係をただした。菅原氏は「確認するよう事務所に指示をした」と述べるにとどめた。

公職選挙法は政治家が選挙区内の有権者に金品を贈ることを「寄付」にあたるとして禁止している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]