[社説]日本の労働組合は変わらねばならない

2019/10/11 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

労働組合の中央組織である連合が11月に結成30年を迎える。経済・社会の構造変化が進むなかでは労組の活動も変革を求められる。3期目に入った神津里季生会長は重責を負っている。

官民労組が大同団結した連合の結成には、社会保障の充実などで政策への労組の影響力を増す狙いがあった。

細川政権、民主党政権の発足という2度の非自民による政権交代を連合は支えた。しかし現在、野党勢力の再結集は見通せず、連合に以前の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]