/

この記事は会員限定です

[社説]日本の労働組合は変わらねばならない

[有料会員限定]

労働組合の中央組織である連合が11月に結成30年を迎える。経済・社会の構造変化が進むなかでは労組の活動も変革を求められる。3期目に入った神津里季生会長は重責を負っている。

官民労組が大同団結した連合の結成には、社会保障の充実などで政策への労組の影響力を増す狙いがあった。

細川政権、民主党政権の発足という2度の非自民による政権交代を連合は支えた。しかし現在、野党勢力の再結集は見通せず、連合に以前のよ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り724文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン