ノーベル平和賞にエチオピア首相 紛争解決に尽力

2019/10/11 18:02
保存
共有
印刷
その他

エチオピアのアビー首相=ロイター

エチオピアのアビー首相=ロイター

【カイロ=飛田雅則】ノルウェーのノーベル賞委員会は11日、2019年のノーベル平和賞を発表した。東アフリカのエチオピアで、長年続く民族間の対立や、周辺国との紛争解決に取り組んだアビー・アハメド首相(43)に授与する。

ノーベル賞委員会は授賞理由として「平和と国際協力実現への努力、特にエリトリアとの国境紛争解決に向けた断固たる指導力」を挙げた。国連のグテレス事務総長はエリトリアとの和平について「地域の安全と安定に新たな機会をもたらした」と評価した。

アフリカでは土地や資源の帰属などをめぐって隣国との対立や民族間の紛争が絶えない。アフリカで2番目に多い約1億人の人口を抱えるエチオピアも例外ではなく、政治・経済を掌握する少数民族ティグレ人に対して、最大民族オロモ人などが反発。反政府デモが続いてきた。

政府による弾圧が国際的な非難を浴びるなか、解決に向けて与党連合は18年3月にオロモ出身初の首相としてアビー氏を選出した。同4月にアフリカ最年少の41歳で政権トップに就任すると「過去の間違いから学び、不正を償う時だ」と民族間の融和に動いた。

20年以上も国境問題で対立してきた隣国エリトリアと和解し、18年7月に国交正常化で合意した。19年4月には長期独裁政権の崩壊後に軍への抗議デモが続いたスーダンで、アビー氏は軍と市民グループの仲介に乗り出した。8月に民政移管に向けて軍民の共同統治で合意に導くなど、地域紛争の解決にも動いた。

性急な改革に反対する勢力もあり、18年6月にはアビー氏の暗殺未遂事件も起きた。今回の授賞の背景には、同氏が多くの抵抗を乗り越えて改革を進められるよう後押しする狙いがありそうだ。

授賞式は12月10日にノルウェーのオスロで実施する。賞金は900万スウェーデンクローナ(約1億円)が贈られる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]