インドネシア、配車2強が電子マネーで「代理戦争」

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
アジアBiz
2019/10/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インドネシアの電子マネー市場で、配車サービス大手グラブが出資する「オボ」と、中国アント・フィナンシャルが協力する「ダナ」が経営統合するとの観測が浮上した。キャッシュレス化の進展で電子マネーの利用は年に3倍近いペースで拡大しているが、プレーヤーの増加や顧客獲得競争の激化で消耗戦の様相を呈している。大規模な業界再編につながる可能性もある。

ロイター通信は9月中旬、グラブがダナの運営会社の株式の過半数…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]