改憲、協調路線で進展狙う 自民本部が新体制

2019/10/12 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自民党の憲法改正推進本部は11日、9月の党役員人事に伴う新体制で初めての会合を開いた。本部長には約1年ぶりに細田博之氏が登板したほか、改憲論議で長く野党との折衝にあたってきた経験者の起用が目立つ。今国会で国民投票法改正案の早期成立と改憲案の提示など論議の進展をめざしており、協調路線に回帰して野党の協力を引き出したい考えだ。

細田本部長は11日の初会合で「投票法案の審議など精力的に活動していく必要…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]