おせち商戦、九州で始まる 滑り出しは堅調

2019/10/11 18:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

九州の百貨店やスーパーでおせち商戦が始まった。消費増税による消費の冷え込み対策として割安な商品を並べるほか、生活様式の変化に合わせてインターネットでの販売などに力を入れる。懸念された売れ行きも、滑り出しは例年よりも堅調との声が多い。

1日早朝、大丸福岡天神店に300人を超える列ができた。お目当ては同日に売り出した1万2000円台の限定おせちだ。増税で消費者の節約志向が強まるとみて、前年の売れ筋だ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]