福岡空港に「ディオール」のコスメ店

2019/10/11 17:12
保存
共有
印刷
その他

福岡国際空港(福岡市)は11日、国際線旅客ビルの出発エリアに高級ブランド「ディオール」のコスメ専門店を開いた。同ブランドがコスメ専門店を独立して出店するのは、関西国際空港に次いで2店目となる。福岡空港では大規模な改装計画を進められており、インバウンド(訪日外国人)をはじめ空港利用者の満足度を高めるねらいがある。

137種類の化粧品類を販売(11日、福岡市)

新店舗では137種類の化粧品類を販売する。開業初日の同日は、早朝からスキンケア用品などを手に取る利用者が多かった。中でも国内空港では取り扱いが2店目となるアイシャドーの「バックステージ」に人気が集まっていた。

ディオールの新規出店は、福岡空港の国際線ビルで進めている店舗改装の第3弾となる。今夏には「北免税店」と、高級コスメの「ジョルジオ アルマーニ ビューティー」がオープンした。

空港会社は30年間で3300億円を投じ、施設の大規模改装を進めている。店舗なども充実させ、使い勝手のよい空港にすることを目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]