緑の防災機能を生かそう 中橋文夫氏
公立鳥取環境大学教授(緑地計画)

私見卓見
2019/10/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大規模自然災害の増加、地方都市の消滅懸念と、国土の将来に暗雲が垂れこめている。国は国土強靭化、集中と選択などの策を講じるが、私は緑の持つ機能に注目している。ここでは木々の持つ防災機能を生かした「緑の柔構造都市」を提言したい。

私はこれまでの研究で緑の持つ防災機能をたびたび目にしてきた。東日本大震災では津波で防潮林が全滅したものの、宮城県名取地区の狐塚神社では社寺林が残った。クロマツの杭根が支えた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]